Blog

Recent entries

Archives

Golden Anniversary を迎えるインドへ! その2

2016.4.1 13:13

インドレポート2日目から。

2日目、3日目はワークショップ。合計3回のワークショップを行いました。
1つのワークショップでテーマに基づいて家元が見本花をいけられて、インドの受講者のみなさんが思い思いに作品制作。
その後、お家元の講評といった流れです。
IMG_6523.jpg
お家元はとてもお話上手!インド人にも熱い想いが伝わっていました。
omoi94_19 P2278787 (448x336)
インドのみなさんは講評のときに、自分の作品に対する意気込みを、びっくりするぐらい饒舌に語ります。日本人とは、ここがちょっと違うところというか。おおらかで情熱的!パワフルなインド人です。
IMG_6517.jpg
見本花のひとつ。ガラス花器に緑の葉がよくあって、大好きな作品です。

2日目の夜は、ウェルカムディナー。
IMG_6526.jpg
一番左が私のインドの母、ヴィーナです。お家元のブログにも載っていました。インドにこの人あってこそ、ここまで草月流の活躍が大きくなったのでは、という言わばインドいけばな界の立役者です。
omoi94_12_IMG_1912 (448x336)
インドでとても人気のあるバンドです。かなり有名らしく、「ちょっとお金はかかってしまったけど、やっぱり大事なイベントにこういう華がなくっちゃね!」ヴィーナが言っていたので、呼ぶのもなかなか大変なバンドみたいです。
ディナーが7時半からだったので、すぐにご飯にありつけるかと思ったら、このバンドの演奏が7時半から9時過ぎまでで、もはやコンサートのようでした。そして、超絶空腹に! しかもかなりハードな昼間を送った後で、体も疲労困憊だったため、コンサート中ものすごい眠さに襲われ、苦しい1時間半となりました。
一番前だったので、もちろん寝ていません。でも、このバンド、癒し系音楽なのですよ。ちょっとヨガっぽい音楽というか。
本当にどうしようかと思った90分でした。
IMG_6528.jpg
最後にお家元からリードボーカルの方へサイン本が送られました。

3日目の夜は日本大使館の大使主催のディナーへ。
写真はないです。厳かな雰囲気でとてもとてもiPhoneを取り出せる雰囲気ではなかったので。
IMG_6643.jpg
こちらメニュー表。きちんとした日本料理でした。疲れている体に優しいだしの味がしみ渡ります。聞くと、タイ人のシェフが作っているとかで、びっくりしました。
IMG_6537.jpg
こちらは、大使館の庭にある天皇陛下が皇太子だった時代に訪印された際、植樹されたという木。「さあ、ぜひ写真をお撮りください!」と言われて撮りましたが、こうやって見ると、普通に「木」ですね。

お気づきと思いますが、朝から夜まで毎日予定がみっしりです。お家元が海外に行かれるときというのは、いつもこんな感じにタイトなスケジュールだそうで、びっくりしました。これは、肉体的にも精神的にもタフでないとこなせません。
改めてすごいと思いました。

3日目の午前中、ワークショップをこなした後は、展覧会の大作作りの打ち合わせ。
そして、翌日4日目は展覧会です。

IMG_6547.jpg
展覧会はホテルの広間を使って行われました。お洒落な高級ホテルです。
IMG_6539.jpg
さあ、いよいよお家元の大作、いけこみがはじまります!
IMG_6543.jpg
赤い和紙で作ったユニークなオブジェが翼のように広がる大作。濃い緑のインドの葉とコントラストが効いて、見た人を惹きつけずにはおれない作品でした。
IMG_6541.jpg
お庭で調達した炎の花も使われました。
IMG_6542.jpg

日本大使館の大使、そして大使夫人もいらっしゃって、華やかなオープニングに。テレビ局の取材も入りました。
IMG_6553.jpg

IMG_6555.jpg
テープカットではなく、みんなで一緒にキャンドルに火を灯すという儀式。インドで偉い女性政治家の方も一緒です。
IMG_6569.jpg
賑やかな展覧会場。

さて、こちらを後に、また急いで移動して、デモの下いけへ。
下いけする場所はブンジさんのお宅となりました。
ブンジさんのお宅は、私が知っているインドの豪邸たちの中でも一番の豪邸です。
ちなみに一昨年の私のデモの後にも伺って写真を撮っていますので、お時間のある方は、一昨年のこちらの記事を見てみてください。
2014 インドでデモ その1
2014 インドでデモ その2
IMG_6571.jpg
居間です。
IMG_6532.jpg
居間その2です。
IMG_6572.jpg
重厚な玄関
IMG_6573.jpg
巨大シャンデリア
IMG_6536.jpg
特注でアーティストに作らせたパーテーション

すいません。自分の家でもないのに、自慢してしまいました。
中庭で作業をさせて頂きました。

IMG_6579.jpg
たくさんの使用人たちも一緒に作業してくれて、大助かりです。ちょっと文化祭みたいな感じで使用人の皆さんもうれしそうでした。

デモでは通訳をやらせて頂くことになっていたので、この下いけは私も食い入るように見ていました。
同時に緊張も走ります。

いよいよ5日目。デモの様子は次のブログで。

Golden Anniversary を迎えるインドへ! その1

2016.3.30 13:18

いよいよ4月となりました。
3月初めにインドより戻ってから、怒涛の日々が続いていて、やっとブログ更新をできる時間ができました。
生徒さんでフェイスブックをやっている方は、ぜひお友だち申請をしてくださいね。あちらは、随時更新しているので、余計このブログのほうからは、足が遠のいているという現状です。
30代の生徒さんからは、インスタを勧められるのですが、もはやもういっぱいいっぱいなので、現状維持でしばらくいきますね。

さて、いよいよインドレポートへ。今年はインドに草月流が伝わって50年という節目にあたることから、Golden Anniversary と名づけられた記念行事がお家元を迎えニューデリーで大々的に行われました。
私は、去年、一昨年とニューデリーやムンバイでデモやワークショップを行った関係で、インドのみなさんとも仲が良く、
(詳しくは去年のこちらのブログをご覧ください。6回連続でブログを書いています。→去年インドの記事
サポート兼通訳という形でお家元や本部の方々と同行させて頂きました。

7泊8日間の間にワークショップ3回、花展1回、デモンストレーション1回を行うというハードなスケジュール。日程順に思い出してみようと思います。

IMG_6480.jpg
1日かけてニューデリーに到着し、夜寝ると翌朝は4時半起床。卸売市場へGO!あまり寝ていないスタッフ全員の体にサンサンとインドの太陽が降り注ぎます。こちら、市場。
IMG_6486.jpg
インドのエネルギーみたいなものを発している市場です。
IMG_6481.jpg
花は、茎を切り取り花の部分だけで売られているものが全体の半分。
IMG_6483.jpg
宗教的な装飾で花の部分だけをつなげて使うことが多いからです。
IMG_6487.jpg
インドのグラジオラス。心なしか野生味を感じます。

間髪いれず、今度は花器選びへ。去年も私がお世話になった巨大豪邸のブンジさん宅に、花器が集められています。
IMG_6488.jpg
これらのほとんどは、友人のインド人ニーラが作ったもの。ニーラは陶芸家としても活躍しています。
IMG_6490.jpg
これ、本当に家の一部なんですよ。
IMG_6641.jpg
記念撮影。右から3人目がニーラ。真ん中がブンジさん。左端が午後から花材採集でお庭を貸りる友人のサビーナです。

ブンジ宅を後にすると、車で花展やデモの会場を次々とチェックし、そのまま郊外のサビーナの家へ。
庭で花材を採集させてもらうためです。
IMG_6498.jpg
繰り返すようですが、家の庭です。公園ではありません。ありえない広さの庭です。
IMG_6497.jpg
生け花は花だけでは、なかなかラインが出しにくいというか、やはり枝や葉が欲しいところ。そういった花材は、海外では市場では手に入りづらく、通常個人のお宅のお庭で調達します。
人よりも大きいヤシの葉の枯れもの。
IMG_6500.jpg
巨大なこれまたヤシの枯れもの。Fox Tail Palm というヤシで、訳すと狐の尾っぽのような形のヤシということです。
インドにはいろんなヤシがあるのです!

さて、お家元のブログにこのときの私がちらりと映りこんでいます。
まず、こちらがお家元のブログで、インドでの様子を書かれています。
勅使河原茜のブログ「おもいの花束」
どこにいたか分かったでしょうか?
omoi94_6 P2258517 (336x448)
ヤシの葉の後ろに!
omoi94_3 P2258487 (448x336)
パンジャビドレスの後姿がありました。載っていると、うれしいものです。

途中でサビーナ宅でランチ。こういったお家では必ずシェフがいて、いつもブッフェ料理をご馳走になります。
IMG_6493.jpg
「カレーばっかりですか?」という質問を良く生徒さんからもらうのですが、そんなことはありません。
もちろんカレーもありますが、おいしいものがいっぱい。残念ながら、良く名前は分からないんですけど。
IMG_6494.jpg
キヌアのサラダとか
IMG_6495.jpg
グラタンっぽいけど、グラタンではない何かスパイスの効いた料理とか
IMG_6496.jpg
バジルと一緒に香ばしく揚げた魚のフライとか。インドでは、基本的に宗教的な理由で豚肉と牛肉は食べません。

さて、この時点で夕方4時。時間が押しています。2件目のお宅へ花材採集へ。
IMG_6507.jpg
小原流のインド人の方のお宅です。
IMG_6503.jpg
不思議なオレンジの花を見つけました。Flames of Forest つまり林の中の炎という名前の木で、燃えるような形の鮮やかな花が特徴的です。
これを採取するのに、使用人4人がかりでした。はしごが竹でできた手作りのものなので、安定が悪く、誰か落ちて怪我をするのではないかとひやひやしました。
IMG_6504.jpg
あら、インドのイケメン!
IMG_6508.jpg
こちらはBeggar’s Ball 直訳すると物乞いのボール。フルーツではなく、中をくりぬいてバケツのような形にして、とある聖人の像に持たせるそう。人々はそれを拝みながらお金を入れるそうです。

この時点で庭は真っ暗に。そして、1時間かけて都心部に戻り、ホテルにて、ワークショップのためのお家元の下いけでした。
お家元は全6作品をあっという間に下いけ。スタッフのお仕事終了は夜11時ぐらい。みんな、タフです!
私は、いつものようにインドの母、ヴィーナの家に泊まっているのですが、帰宅するとおしゃべりしたそうなヴィーナをふりきって、ベッドに直行しました。
怒涛の1日目終了です。

長くなり過ぎるので、続きは次のブログで。

早春の作品

2016.2.23 13:21

寒いながらも、ときどき日差しの中に春を感じる、そんな2月です。
まずは、私が2月に作った作品から。

P1080420.jpg
黄金水木と雪柳とオンシジウムで。 黄金水木とオンシジウムの黄色を意識して、早春を感じさせるべく、窓辺で撮影してみました。

P1080404.jpg
ニューサイランという葉を軽快に躍らせています。花は白とピンクのストック。

P1080393.jpg
お花見はまだ先ですが、もうお稽古では桜を毎回花材として使っています。おかげでうちの家の中は、ずっと桜が満開でお花見気分を一足早く楽しんでいます。

nuritsubushi_1.jpg
こちらは少し豪華に、金柳と沈丁花と流木で。

P1080386.jpg
シンプルなものも。オリーブの枝とマーガレット1輪。オリーブは庭のもの。余分な枝をどんどん整理して、横に大胆に広がるラインだけをわざと残しました。

P1080384.jpg
こちらは緑の菊と青文字。緑がこれから息吹こうとしている、そんな自然の力を表現したくて。

さてアトリエ双香のお教室の様子も少し。
新しくイギリス人の男の子が教室に加わりました。
12745499_993837777331656_6950642764527285765_n.jpg
ちょっとシャイです。日本語を今勉強しているところなので、生徒のみなさん、会ったらぜひ話しかけてあげてくださいね。

12688034_988498991198868_4464608685415161238_n.jpg
こちらは、コロンビア人のナターリア。ナターリアは、デザイン関係のお仕事をしているので、すっかりデザイナーだと思い込んでいたら、なんとセカンドジョブがダンサー。
「今日はオーディションで遅れる」と連絡をもらい、来てくれたときに「何のオーディション?」なんて話をしていたら、いろんなことが判明して教室が盛り上がりました。

SMAPの「MISTAKE」というPVに出ています。それが、これ。
12650888_988498944532206_8541034528533761281_n.jpg
えーーーー!すごいじゃないの、ナターリア!

ジャニーズwestの「夢を抱きしめて」のPVにも出てる!
12670458_988498957865538_6863026081353705414_n.jpg
すごい!かっこいい! 教室も熱く盛り上がりました。

さて、明日からニューデリーに行ってきます。
草月流がインドにわたって今年で50年。ニューデリーでは、お家元を迎え、さまざまなイベントが企画されています。
それを仕切っているのがニューデリー支部長のヴィーナ。去年、おととしとお世話になった私の「インドの母」です。
(詳しくは去年夏のブログを見てくださいね。昨年のインドのことはこちらの記事で
またもやヴィーナのお屋敷にホームステイしながら、全面的に記念行事をサポートしにいきます。
今回は、本部の方とも連絡を取り合いながらのお仕事なので、身が引き締まります。
数々の行事がどうか大盛況に終わりますように!

では、行ってきます。お稽古がこの期間お休みになってしまって、ごめんなさい。
帰ってきて落ち着いたら、様子をレポートできればと思います。

12 / 13« First...10111213
PAGE TOP