Blog

Recent entries

Archives

DISAYA秋冬コレクション発表会

2017.7.16 14:32

DISAYAというタイ発のブランドからお声がけ頂いて、秋冬コレクション発表会の会場装飾と来場のプレスの方に「いけばな体験会」を行いました。そのレポートです。

DISAYAは、その女性らしい繊細なデザインが特徴的で、アン・ハサウェイが顧客としてよくレッドカーペットで着用することから、人気に火がついたブランドです。(というのを人に教えてもらいました。ファッション業界はよく分かっていなくて)

日本の25nsやVogueなどのメディアはもちろん、タイからもプレスがいらっしゃるということで、腕がなります。場所は、星のや東京。大手町にあるにもかかわらず、中は静寂につつまれていて、畳敷きや無垢の板敷きになっています。エレベーターの中まで畳。ゲストは玄関で必ず靴をぬいてあがります。日本の美しいしきたりを大切に伝えるホテルでありながら、その設備は最先端です。

しだれ桑と藤蔓をメインにした構成を考えました。デッサンをもとにタイ側と打ち合わせするのですが、初めはなかなか上手く進まなくて。写真を見せたりもしたのですが、タイにはそのような花材は存在しないので、想像できないのです。あちらから提案されるアイデアは完全にブーケで、いけばなではなく、途方にくれたこともありました。「いけばなとは」みたいなレポートまで書いて説明しました。最終的には、「MIKAにまかせる」と言ってもらえ、やらせてもらいました。打ち合わせも全て英語だし、なにより「いけばな」という概念を全く見たことのない方に説明するのは、時間がかかります。でも、タイ人はとにかく陽気でフレンドリー。だから、楽しみながらできたような気がします。

まずは骨組みから構成します。搬入経路が狭く、搬入だけに1時間近くかかってしまい、残された時間は2時間。急げ、急げ。

骨組みの後は、全体のバランスを考えながら、花をいけていきます。飾る場所は、4カ所。特大サイズがひとつ、特大より少し小さいものがひとつ。大サイズがふたつ。時間との闘いです。そして、無事出来上がりました。

一緒に写っているのは、このブランドのデザイナー、DISAYAです。こちらが特大サイズ。

花は今回のコレクションのデザインを見て、雰囲気があう花を選びました。赤いスモークツリー、いろいろな紫陽花、枝はドウダンツツジです。彼女のデザインの中に、ドウダンツツジの葉をモチーフにしたようなものがあり、ドウダンにしました。スモークツリーは今回のコレクションの中に、ピンクのファーを使ったものが多数あり、その雰囲気に合わせて選んでいます。

こちらが2番目に大きなもの。

あと二つはこの2作品。ピンクのファーのコートと一緒に映っている作品はちょうど入ったすぐのところに飾ったので、みんなの記念撮影スポットとなりました。出来上がると、タイ側から、「こんなに素晴らしいとは思いもしなかった!こういうアレンジは見たことない!Amazing! Great! Fabulous!」とありったけの賛辞をもらえ、苦労も報われました。

会場の雰囲気はこんな感じ。全体は広すぎてうまく撮れなかったのですが。さて、今度は、プレスの方々を迎える準備です。作業着から着物へ変身するため、授乳室で着付け。(DISAYAさんからの希望で着物に。やっぱりタイからのお客さまをお迎えしたときにはとても喜ばれます。日本人はそうでもないのですが)

プレスの方の人数がある程度になったら「いけばな体験」を開始。この日は、全部で5回行いました。もともとファッションの取材で来てるメディアの方々なので、「いけばな体験」を突然提案されて、喜んで頂けるのかどうか、かなり不安だったのですが、想像以上に喜んで頂けました。「ゲストの方にお土産として持ち帰ってもらいたい」というクライアントの希望を叶えるため、通常いけばなは持ち運ぶものではないのですが、プラスチック製の花器と小さめの剣山を用意し、制作したいけばなは、みなさん持ち帰られました。それも思った以上に喜んでもらえたのが、うれしかったです。水の代わりに保水ゼリーを花器に満たして、花も枯れないようにしてみました。

面白かったのは、先日一緒に仕事をした雑誌「ar」のエディターさんも編集長さんたちと一緒に来て、再開を喜びあいました。先日は未央奈ちゃんだけで、エディターさんは体験できなかったので、「やりたかったー」と言って、真剣にやってくれました。

いけばな体験の模様がインスタに動画でアップされていたので。ぜひ。タイの女優さんのインスタです。

Arranging her first ikebana🌹🌷🌻🌿👘🇯🇵 (📹: mintnuttha & @pookjongkol) . 妹子花道初体验👍 . #20170622 #mewnittha #mintnuttha #2mintokyo #HoshinoyaTokyo #mewnittha_chinesefc_official

MewNittha ChineseFC Officialさん(@mewnittha_chinesefc_official)がシェアした投稿 –

全体の様子はタイのVOGUEさんが綺麗にまとめて動画にして、インスタにアップしてくれています。

โว้กเป็นสื่อไทยเล่มเดียวที่ได้รับเชิญไปงานเปิดตัวคอลเล็กชั่น Fall/Winter 2017 ใหม่ล่าสุดของ @disayaofficial ที่กรุงโตเกียว ประเทศญี่ปุ่น พร้อมด้วยนักแสดงสาว มิว-นิษฐา จิรยั่งยืน @mewnittha อยากรู้ว่าทริปนี้มีอะไรเด็ดบ้าง ไปชมกันเลย! พร้อมติดตามวิดีโอแบบเต็มๆ ได้ที่ Vogue.co.th!

voguethailandさん(@voguethailand)がシェアした投稿 –

こちらは25ans編集部さんのインスタ。5枚あがっているので、→をクリックすると、次の写真が見れます。

タイの注目ブランド、ディサヤ @disayaofficial のAW展示会で星のや東京へ。フラワーモチーフが咲き誇るコレクションは、エレ女好みのアイテムばかり💕 @hoshinoya.official @h3otokyo #2017AW #展示会 #25ans編集部 #タイブランド #大手町 #disaya #Thailandfashion #Thailand

25ans Officialさん(@25ansjp)がシェアした投稿 –


これはDISAYAの作品。彼女は真剣に何度も何度も体験してくれました。

First time Ikebana 🌹#disayabunka @disayaofficial #disayafw2017 @hoshinoya.official #hoshinoyatokyo

Disaya 🍀さん(@dizzydiz)がシェアした投稿 –

インスタの拡散力はすさまじい。あまりにたくさんアップされているので、このへんで。最後に記念写真を。こちらはDISAYAとタイの有名女優さん、MEWさん。美しい!

DISAYAと一緒に。

タイから来日のプレスの方と。

DESAYAチームと。

ファッションといけばなとのコラボ。いかがでしたでしょうか? いけばなとの可能性を信じて、まだまだ新しいことにトライしていきたいと思っています。

雑誌「ar8月号」にていけばな指導

2017.7.16 11:12

「おフェロ」や「雌ガール」などトレンドワードを発信するおしゃれマガジン「ar」 ビューティー、ファッション系の雑誌で、20代に絶大なる支持を得ています。というのも、実は私は全く知らず、生徒さんたちから教えてもらいました。

「なんかarっていう雑誌でいけばなを教えることになってー」と教室で言ったところ、「それはすごいです!」と次々と若い生徒さんに言われ、「あー、すごいんだー」と認識。はりきって指導しました。これまた若い女の子にモデルとしてとても人気があるという言う乃木坂46の堀未央奈ちゃんにいけばなを教えています。

未央奈ちゃんが日本の文化”おもてなしの心”を学ぶという企画コーナーがあり、8月号と9月号は2号連続で「いけばなに挑戦」。8月号が好評発売中なので、よろしくお願いします。

こちらが表紙!

こんな感じで載っています。先生紹介で私も少し載せさせてもらいました。撮影場所は表参道教室。本当はぜひ自宅の世田谷教室に来てもらいたかったのですが、未央奈ちゃんは毎日スケジュールがいっぱいで、世田谷までの往復時間がないということで、表参道教室になりました。なんと集まったスタッフは全員女性。珍しいです。

一緒にポーズを撮っているところ。

まずは鋏の持ち方や剣山の使い方など。未央奈ちゃんは、それはそれは真剣に取り組んでくれました。何事も一生懸命なまっすぐな女の子なのだと思います。

最後にスタッフと記念撮影。右から、ライターさん、編集者さん、私、カメラマンさん、カメアシさん。お疲れさまでした。

「ar」のInstagramで未央奈ちゃんが向日葵を持って、メッセージを発信しています。これは、ちょうどこの企画の撮影の合間に撮ったもので、向日葵は次号の花材。貼り付けておくので、ぜひご覧ください。次号は8月11日発売です。次号では、未央奈ちゃんが、「自由いけ」に挑戦します。お楽しみに!

堀未央奈より夏のメッセージ🌻 今月号の連載で挑戦した、いけばな。 先生も驚く、お初とは思えない腕前を披露した自由演技いけばなby未央奈は、次号でご覧ください! 振りまわしてるひまわりが活躍しますよ〜〜 . あ、そうそう、着ているのは私服ですって👀✨ 黄色が似合うこと😘 . #堀未央奈 #おもてなし達人 #いけばな #夏いね #ひまわりだね #今年のラッキーカラーは黄色 #ar8月号 #ar_magazine #おフェロ #雌ガール

アール編集部さん(@ar_magazine)がシェアした投稿 –

テレビ出演無事に終えました報告

2017.7.14 15:14

7月5日放送の東京テレビ「ソレダメ」の放送が無事終わりました。見て頂いたみなさま、お時間を頂いてありがとうございました!

ロケ収録だけしたものの、どういう形で編集してまとめられるのか、2時間番組のどのあたりで出るのか、はたまたどれぐらい出るのか、全然知らされてなかったので、私もドキドキで見ていました。

放送見逃した方(一番は自分の両親ですが)、自分のコーナーの部分だけクラウドにあげておきました。ご覧ください。

Ikebana for beginners on TV

雑誌のお仕事などは大体勝手が分かって、こういう写真が必要とか、こういうポイントが必須だなとか想像がつくのですが、テレビはもう訳が分からず大変でした。テレビって、「一般の人が見てて面白くないとダメです」ということなので、特に大げさにわかりやすく、大げさに断定していろいろ言っています。

「花器はこういうのがいい!」とか「いけ方はこれがベスト!」とか。でも、本当はダメな花器なんてないし、絶対ベストないけ方なんてないんですよ。でもそれでは番組が成り立たないので、「花をいけたことなんてほとんどない初心者の方」向けにいろいろ着地点を探ってみました。

スタジオのゲストの方がまずお花をいけてみて、難しさを再実感。

小沢一郎さんが一番センスがないのですが、なにかかえってそれがすがすがしい。政界のドンは、花なんていけないのです。小藪さんが意外に上手で、実は繊細な人なのかなあ、という感じ。このスタジオのゲストがいけるというのは、収録のなんと前日に決まり、うちから花器が大慌てて運ばれていきました。小沢先生使用の花器は、うちの教室では、「ドンの花器」として、急に人気があがっています。ちなみに番組で使用の花器は、「一般の人が見つけやすいような雑貨屋で売られているような花器」ということで選抜されました。お気に入りの花器たちは、「先生、そんなのはダメです」と速攻スタッフの方に「ソレダメ」されました。

新鮮なお花を売っているお花屋さんの見分け方やお花の選び方など。ダメなときに「ソレダメ!」と言わなくてなんですが、これがいつも忘れて、そこだけ撮りなおしたりしました。カメラを向けられると、思考が飛びます。収録場所のお花屋さんは、六本木の「のんの」さん。表参道教室と六本木教室のレッスン用の花材をいつもお願いしているお店です。

実践編での収録場所は、いつもの六本木教室。春日さんが、いきなりボケるんですよね。収録中、「あ、どうしよう、つっこまないとだ!」と焦っていたのを思い出します。素人だけにつっこみ下手で悪戦苦闘。恵ちゃんはと言えば、春日さんのボケには微動だにせず、とにかくお花好きで、真剣にいけられていました。ビフォーアフターで、「全然違う!」と言われたときには、心底ホッとしました。「いけばな」」という感じでもないですが、見た方が「お花いけてみようかな」と思ってくれたらな、と思います。「お花やってみたい」というお電話も何本か頂いて、苦労も報われた感ありです。

最後にお二人との記念写真。ピンクレディの恵ちゃんは、もう私にとって神のような存在。どれだけ小学校時代に踊ったか。まさかお会いできる日が来るとは! ものすごく優しくて、写真も「いいわよー。撮ろうねー」と何枚も撮ってもらいました。その上、建前ではなく心からお花が大好きで、私が教えること一言一句真剣に聞いてくれたのが印象的です。春日さんは、休憩中は静かなのに、カメラが回るといきなりスイッチが入るのがすごくて、プロの仕事ぶりを目の当たりにした感じです。

さて、かなりたくさん作例としていけたのですが、オンエアでは却下されていました。写真を撮っておけば良かったと後悔。例えば、これ。

「カラーの茎は美しい!」の作例。やっぱり情報を詰め込み過ぎるのはよくないんだな、と納得。人に面白く伝えるって難しい! 楽しかったし、いろいろ勉強になったテレビ出演でした。

2 / 121234...Last »
PAGE TOP