Blog

Recent entries

Archives

日テレ水ドラ「高嶺の花」でいけばな監修

2018.7.10 15:27

明日、7月11日水曜日夜10時より、日本テレビ水曜ドラマ「高嶺の花」が始まります。この連ドラでいけばな監修を担当させて頂くことになりました。

ドラマに出てくるいけばなは、全て制作しています。「怒涛の恋愛エンターテイメント!生け花界のプリンセスと平凡?いやもっと地味な彼とのお話し」で、脚本は野島伸司氏、主演石原さとみちゃんです。石原さとみちゃんが、華道界の家元令嬢を演じます。

番組公式HPはこちらhttps://www.ntv.co.jp/takanenohana/

公式Instagramはこちらhttps://www.instagram.com/takanehana_ntv/

公式ツイッターはこちらhttps://twitter.com/takanehana_ntv/

華道界と下町の自転車屋、全く異なる2つの世界が舞台となります。華道界の設定では、さまざまな人物が登場し、彼らの花をいけます。登場人物のキャラクター、そのときの心情に合わせて、いけ方をかえていますので、そんな部分も注目してもらえれば、うれしいです。

石原さとみちゃん演じるももちゃんのいける花は、スタイリッシュな時代の風を感じさせる作品を。天才、という役柄なので、その才気ばしった感じが表れるようにしたいなあと。でも、やり過ぎて全く一般の方に受け入れられないのも困るので、さじ加減を考えています。

 

芳根京子ちゃん演じるななのいける花は、優しくて、純粋無垢な花。でも、少しパンチにはかける感じ。

お家元役、小日向文世さんの生ける花は、重厚で厳格な花。

新流派を立ち上げた龍一を演じる千葉雄大さんの花は、野心家の花。

そんなことをいろいろ考えながらいけています。その人物が自分にのりうつれー、のりうつれー、といけている時は、そんなことを祈っています。ちなみにこの龍一のステージは、赤く着色した竹、50本以上を使用。竹を割いた割り竹というもので、竹の帯を作り、左右の構成に曲線を出しています。会場が夜11時からしか使用できなかったため、制作に1晩徹夜、撮影に1晩徹夜。2徹作品です。高さ4メートル、幅10メートルの巨大作品となっています。ここで、龍一率いる振興流派がパフォーマンスを繰り広げます。いけばな、ダンス、音楽とのコラボで、素晴らしいエンタメが出来上がったと思っています。自信作なので、ぜひこの場面は注目して見て頂けたらありがたいです。

役者のみなさんは、私の自宅まで通ってくださり、いけばなを猛勉強しました。特に、石原さとみちゃんは、何回も通ってくれて、一体何時間いけばなと向き合ったか分からないぐらい。そして、ただ綺麗なだけじゃない、とても頭の回転の速い、まさに天才肌の女優さんで、あっという間にいけばなをマスターしていきました。今は、もはや数年習った人ぐらいのレベルにまで達しています。

お稽古中の1枚。なんて笑顔が素敵なんだ!

今までお世話になったことがある映画の世界とは違い、スケジュールが過酷です。最近は毎日がその日ぐらしになりつつあります。あまりにも過密スケジュールで、4日後のことが考えられなくて。3日先まで見つめて、走りながらいけています。

例えばこの大作。20分ぐらいでいけました。普段なら、花材を堪能しながら1時間ぐらいかけたいところですが、そんなわがままは言っていられません。時間がなくて、鬼の形相で汗だくになりながらいけました。

 

あまりブログを更新する時間もないので、ぜひInstagramやFacebookを見てください。そちらで随時、ドラマ中の作品写真はアップしています。Instagramなら別段やっていない人でも見れるはずです。

Instagramはこちらhttps://www.instagram.com/mikaotani_flowers/

では、9月初旬まで駆け抜けたいと思います。どうかドラマのほう、ご覧ください。よろしくお願いします。

映画「となりの怪物くん」でいけばな装飾

2018.4.25 16:14

去年いけばな装飾させて頂いた映画「となりの怪物くん」がいよいよ公開となります。今飛ぶ鳥を落とす勢いの菅田将暉さんが主役の青春映画で、菅田さん演じるハルの実家をいけばなで装飾しました。

映画の公式サイトはこちらです。→http://tona-kai.jp/

主人公のハルは決して実家にいい思い出を持っていません。なぜならお父さんの「支配欲」「権力欲」があまりに強く、その支配下に置かれていたからです。ですので、どちらかというと暗い思い出の一幕で、実家が登場します。美術監督さんからは、「いやーな感じ」にいけて欲しいとリクエストがありました。ので、「なんだか、ぞっとするいやーな感じ」のいけばなをいけています(笑)こういうテーマであまりいけることがないので、とてもやりがいがある、というか、ものすごく楽しい! いけばなって、様々なものを表現できる、その可能性を身をもって知れるというか。綺麗なだけではなく、負の表現もできるのです。

ひとつめはこちら。和室です。

ラグの上で子ども時代のハルが本を読んでいる設定です。

後ろから襲いかかってきそうないけばなを制作してみました。お父さんの支配を自分なりに表現してみたつもりです。

花材は、しだれ桑を中心に。着色ルトジが赤い血管のようにも見えるかしら、と意図的に使ってみました。

もう一作は、リビングルームで。

子どもだった主人公があることをされる象徴的なシーンです。

少し、制作風景を。美術監督さんと打ち合わせ。棚の上のもう少し小さいスペースだったのですが、気に入って頂いて、大きく使わせてもらいました。ありがたいです!

赤い直線的なラインは、着色のオガラです。

こちらは和室のほうの制作過程。花は大きめのルピナスが触手のようにも見えるのでは、と狙っていけています。赤い花はグロリオーサです。

劇場に足をお運び頂ければ、とてもとてもうれしいです!よろしくお願いします。

YouTube番組でいけばな教えました!

2018.4.19 15:41

YouTube番組で、キュートな声優さんたちにいけばなを教えました。3回に分けて、配信されています。クリックすると動画が始まります。

エピソード1

エピソード2

エピソード3

番組名は、「水瀬いのりと大西沙織のPick Up Girls!」 声優として大人気の可愛い2人の番組で、今回「いけばな体験」をしたいとお話しがありました。2人ともふわふわッとした感じに見えますが、とてもしっかりされていて、会話のまわし方がプロだけあって、驚くほど上手。台本はないのに、笑いをとりながら、きっちりと進行をされていました。一番もぞもぞとしているのが私で、恥ずかしいぐらいです。こちらが、3人での記念撮影。

撮影場所は恵比寿のスタジオで、スタジオ内にしっかりとしたセットが建てられていました。YouTube番組と聞いていたので、会議室ぐらいでやるのかしら?と勝手に想像していて、その豪華な作りに心底驚きました。2人の人気ぶりが分かります。

これからますます活躍されるであろう若くて可愛いお二人に出会えたとても楽しい時間でした。ぜひご覧ください。

3 / 19« First...2345...Last »
PAGE TOP