Blog

Recent entries

Archives

日テレドラマ「高嶺の花」のDVD box、Blue-ray box 好評発売中

2019.3.14 17:22

監修させて頂いた日テレドラマ「高嶺の花」がBlue-ray box, DVD box となってとうとう発売されました。本編映像はもちろんですが、特典映像「生け花フォトギャラリー」として、160枚以上の写真で、私の「生け花たち」がひとつひとつ紹介されることになりました。本編では、さっとしか映らなかった作品も、テレビ画面で大きくじっくりご覧頂くことができます。作品の意味、裏話、ハプニングなど、ひとつひとつコメントさせてもらっています。また別の視点でドラマを楽しんで頂けるのではないか、と思っています。https://www.ntv.co.jp/takanenohana/…/44xwfilinn4ju6puac.html

なんせ全10話で174作品も制作しましたが、ひとつひとつに思い出があります。でも、一番反響が大きかったのは、最後にももが大舞台でいけるこの作品でした。お話のクライマックスとつながり、「泣きました」「生け花の素晴らしさに気づかされました」など、たくさんのコメントをInstagramやフェイスブックに頂いて、感無量でした。

DVDやBlue-rayの特典では、下のような感じで、ひとつひとつの作品にコメントつけています。なぜこの花なのか、にはそれぞれのシーンで深い意味があり、監督からのリクエストで制作しているのですが、深すぎてドラマを普通に見ると分からないかもしれないので(笑)、ぜひ見てもらえるとうれしいです。なぜ風呂場にまでいけているのかとか。散々いけたのに画面に映らなかった花たちもご紹介。160枚以上の写真で解説しているので、ぜひ!

次期家元対決という設定で、たくさんの作品を一気に制作した撮影や、うだるような暑さの中早朝から深夜まで毎日続く撮影は、そのときはまるでマラソンを走っているような気分でしたが、今は、自分の中で、その1日1日がキラキラと輝いて残っています。素晴らしい役者さんたちと一緒に仕事をさせて頂いたのも忘れられない宝物となりました。

4メートル竹50本以上を使用した大掛かりなインスタレーションで話題となった「生け花とダンスとロックのコラボイベント」(千葉雄大さん率いる宇都宮龍彗会のショー)も、特典映像として、ノーカットでご覧頂けます。ダンスリハから始まり、徹夜のいけこみ、徹夜の撮影と苦労が絶えなかったシーンですが、本編では、編集でかなり短くなってしまっていたので、ぜひ完成版を見てもらえるとうれしいです。下の映像は、私が記録用に撮影したものなので、もちろん、特典映像のものは、もっと綺麗で、まるでライブに参加しているような気分になります。

メーキング映像にも、出演させて頂きました。

ぜひ、Blue-ray Box、DVD Boxをご購入頂けるとうれしいです。個人的には、映像がとても美しいので、Blue-ray Boxがおすすめです。

ドラマ「高嶺の花」についての過去ブログはこちらになります。

日テレ水ドラ「高嶺の花」でいけばな監修

ドラマ「高嶺の花」無事撮影終了

ドラマ「高嶺の花」こぼれ話

ドラマ「高嶺の花」こぼれ話その2

ドラマ「高嶺の花」最後のこぼれ話

新しい映画のお仕事!

2019.1.3 23:40

明けましておめでとうございます。昨年巡り合った幸せな出会いの数々に感謝しながら、今年もまた頑張りたいと思います。なかなかブログの更新もままなりませんが、どうか気長にお付き合い頂ければうれしいです。

昨年の終わりから、また新しい映画で花装飾の仕事をさせて頂いており、バタバタと走っています。何の映画かも全体像も何もお伝えできないのですが、部分的な写真だけ。

こんな感じでいけています。「激しい」ですね。自分の家には飾らないですね(笑) まあとある理由があって、こういう感じになっている訳ですが。ただ、とても大好きな映画で「スタッフとして参加できたらどれだけ幸せだろう」と思っていた作品なので、感無量で仕事をしています。

スタジオは、こんな感じになっています。まさに壁の向こうが撮影場所。このベニヤの向こうに、あり得ないぐらいの別の世界が広がっています。

この花器にもいけました。

映画のスタジオには、スタッフが自由につまめる「もぐもぐコーナー」があります。撮影がおして食事が定時に取れないことがほとんどなので、みんなもぐもぐしています。今回の現場で感動したのはこれ!肉まんボックス!肉まんあんまんピザマンが食べ放題!贅沢な気分になりました。ずっとこもっているので、こういうことが大きな喜びに。食って大切。

今年は、海外にデモやワークショップに出かけることも多くなりそうな年です。春には香港へ、秋にはイタリアへ。あと中国へも。体力勝負になってくるので、体力をつけられるように何かやらねば。

こちらは、イタリアのチームが制作してくれたポスター。グラフィックデザイナーさんが作ってくれただけあっておしゃれ。ノーメイクが悔やまれます。

それでは、今年もどうかよろしくお願いします。

TV出演「ミニアチュール」を指導

2018.12.23 17:58

12月14日に、BS12チャンネル、「BOOK STAND.TV」に出演しました。タレントの中村葵ちゃんがいけばなに挑戦。ミニアチュール、という生け方にトライしてもらいました。

中村葵ちゃんは、頑張り屋さんで明るくて、とても素敵な女性だったので、私も楽しい気分で教えることができました。

番組サイドが動画を先日アップしてくれたので、動画を見ることができます。下が動画になります。

ミニアチュール用に私が陶芸で制作した花器です。ミニアチュールは、花材の小さな部分を抽出していける小さくて新しい世界。草月流では教科書にも載っているいけ方です。「これはいけばなと言っていいんですか?」とスタッフの方に聞かれたのですが、ミニアチュールはれっきとしたいけばなです。初めての人でも、気軽に楽しめるのではないかな、と今回、ミニアチュールを教えることにしました。

植物の小さな部分をいけることによって、今まで気づかなかった植物の新しい魅力、美しさに気づくことができます。

なかなかミニアチュール用の花器は持っている人もいないと思うので、100円ショップグッズで小さな器を作ってみました。プラスチック粘土で、これは便利です。

花器の大きさを葵ちゃんに見てもらっているところですが、本当に小さいのです。

真剣にやる葵ちゃん。テーマは「婚活」ですが、こんなに可愛いのに、婚活の必要とかあるのかしら?と思ったりして。

なかなかに上手です!上出来です!

一生懸命、説明してくれる葵ちゃんです。「ほほー、そこにそんな意味が!」と私も聞き入りました。

葵ちゃん、楽しんでもらえたかな? いい人見つかるといいのにな。楽しいTV収録でした。

2 / 221234...Last »
PAGE TOP