Blog

Recent entries

Archives

ドラマ「高嶺の花」こぼれ話その2

2018.10.13 18:02

毎回考えさせられた場所は、なんと言っても月島家。月島流本家ということで、こちらでも山のようにいけましたが、特に客間の大きな床の間が大変でした。幅3メートルもあるんですよ。大きいいけこみって、花材を運ぶだけでも重労働です。ほぼ大工作業のようです。一番のお気に入りはこれ。

ちょっと横から見たのも好きです。緑の葉はがまです。木とがま以外、何も花は入れませんでした。そのほうが、がまの美しい強さが表現できると思ったからです。

こちらもお気に入り。ガジュマルという南国の植物の蔓や根を組み合わせて骨格にしました。家元市松の圧倒的な存在感を示すためにいけた作品です。

こちらは結婚式用の祝い花。ドラマの中では、いろいろあったけど、舞台裏では、とっても仲の良い4人で、こうやって撮影すると、まるで仲良しファミリーのよう。

こちらは大山木という大好きな花材を鮮やかなピンクの百合と一緒にいけました。右側は流木。流木の荒々しさ、本当に美しくて、隠しすぎないように気をつけていけています。

床の間以外にもいろいろな場所でいけました。月島家は、「遠山記念館」という博物館をお借りして撮影しています。素晴らしい日本家屋なのですが、ひとつつらかったのは、クーラーがないこと。サウナのように、灼熱でした。

これは廊下に、枝垂れ桑、テッセン、アスパラガス・プルモーサスをいけたもの。

こちらは、苔がついた梅、苔梅を使いました。

こちらは夏はぜをいけました。高級花材です。

こちら小日向さん演じる市松の仕事部屋(スタッフの間では通称市松部屋と呼ばれていました)でも、たくさんいけました。かなり広い日本間なので、床の間にいけ、奥の窓の側にいけ、市松の前にいけ横にいけ、とこの部屋のシーンがある度に大忙しです。詳しくはInstagaramか番組HPのいけばなギャラリーに掲載していますが、特に思い入れのあるものを。

市松のいける「光と影」を表現したつもりです。美しい盆栽の枯れ枝を見つけて、影の部分に見立てました。こういうがっつりしたものは、いけるのが難しいのです。でも、市松がいけるというカットが多くて、一体どこの部分をいじってもらったらいいのか、苦労しました。初心者向きの花材を選べばやりやすいけれど、家元には見えないし、家元っぽくすると、さわるのが難しいし。ジレンマに襲われました。

これも市松がいけるというシーンのもの。ひとつのシーンを撮影するのに、通常10回以上同じ芝居を繰り返すので、枝を切るシーンがあれば、10本枝を用意して、そのたびに切らないとシーンがつながらないのです。そういうことにも気を配りました。

これは、スタッフみんなにすごく好きだと言ってもらえた花。ただ、灼熱のため、花びらがぼろぼろ落ち、何度もいけ直しました。サウナのように暑いので、カメラが回っていない時間は巨大扇風機を回すのですが、そうすると、花が見事に散ってしまう。かと言って、扇風機なしには、スタッフが死んでしまう。扇風機がまわるたびに花を板で囲って、保護しながらの撮影でした。特にハスの花はもろいのです。でも、大事なシーンだったので、「運命」「天の掟」みたいなものを匂わせたくて、どうしてもハスをいけたかったシーンです。

ブルー系のお花は、あまりの灼熱で(多分体感温度は40度を上回ってました)うだっているときに、癒されます。自分でいけて、自分で癒されたりもしました。

こちらは、市松と妻るり子の最後のシーン。2人のハッピーエンド、幸せを願って、「愛の花」をいけて欲しいとのリクエストで、アンスリウムをハートに見立てて、いけました。

ももが市松より「家元に!」と言われるシーンでは、巨大な杉の木の皮を使用し、「ももよ、厳しい頂を目指せ」という市松のメッセージをこめました。

いけばなは、「生きている彫刻」と呼ばれることがあります。草月流では、オブジェのような作品を作ることも多く、特に私の好きな分野です。オブジェと言えば、龍一のマンションにもオブジェを制作しました。

龍一のキャラ設定は、いつも闇をかかえた人。闇を表現できるように、いつももがいていました。

こちらも龍一のマンションのオブジェ。木のうろを使っています。

同じうろをつかった別の作品。

話をまた元に戻して、月島家のいけばなに。月島家の執務室ということで、「草月会館」でも撮影しました。

草月会館5階の日本間というところです。いつも訪れている場所が撮影場所になって、不思議な気分でした。いつものお稽古場はメイク室に早変わり。撮影はハードですが、役者のみなさんやスタッフが最高で、体はぼろぼろだけど、心はいつもハッピーな毎日でした。

もう一回だけ、最後はもものいけばなについて語って、終わりにしようと思います。

Instagramはこちらです。ほぼ全てアップしてます。

番組HPの「生け花ギャラリー」はこちらです。

ドラマ「高嶺の花」こぼれ話

2018.10.11 13:25

ドラマ「高嶺の花」では、3ヶ月半、撮影現場にこもって174作品もいけたので、前回に引き続き、もう少し、思い入れの強い作品について、お話できればと思います。

私は、草月流に属していますが、草月と言えば、「竹」を使った作品が得意です。3代目勅使河原宏先生が、竹という素材の様々な使い方を編み出して以来、竹に目がないのが草月人です。私も、今回のドラマで、ふんだんに竹を使用しています。

龍一と市松の密談のシーン。ホテルラウンジという設定です。

こちらは番組公式インスタより、龍一さんと私の花。このシーン、脚本では、場所は「とある埠頭」でした。そこを監督が、「埠頭」では面白くない、ホラルラウンジにして、生け花を飾ろう!と提案されたわけです。こういうどこに何を飾るのか、というのは、1話ごとに「美術打ち合わせ」通称「美うち」という会議が行われます。役者さん以外の全スタッフ参加の大きな会議です。もうすでにこの時は、ヘロヘロだったので、「生け花を」と言われたときには、心の中で「ヒーっ」という感じでした。でも、我ながら、また睡眠時間を削って頑張ったと思います。

市松の影響力に龍一がとまどうシーンなので、市松の背後から忍び寄る怖さを表現しようと、竹が龍一に襲いかかるようにと制作しています。

こちらは、月島家のお風呂場。市松が神様っぽく見えるようにしてほしいとのリクエストで、漂白したシュロを使い、ちょっと神がかった感じにしました。

こちらコヒさんとの記念写真。結構大きいのがわかるでしょうか? 小日向さんは、とてもお花が好きでいつも褒めてくれます。ムードメーカーで撮影を盛り上げてくれます。市松の役は笑わない役でしたが、カメラが回っていないところでは、いつも笑顔のコヒさんでした。ここは竹、使ってませんね。もう一度お風呂場のシーンがあり、竹を使用したのがこれです。

下から撮影するというので、下からの目線を意識して作っています。が、なんとシーンカットでお蔵入りとなりました。まあ、そういうこともあるんですね。無念ですが。でも、役者さんも全スタッフも5時間ぐらいの作業が一気にお蔵入りとなったので、私だけが悔しいわけではないので、仕方ないです。ドラマは尺が決まっているので。

龍一のショーもリニューアルしました。場所をクラブに移し、竹ももっと軽やかな感じに。竹を割いたものを「割り竹」と呼ぶのですが、この割竹、自由自在に美しい曲線を表現できるのです。

もものマンションの飾りにも、割竹を使っています。もものマンションだけに、少しおしゃれな感じで仕上げました。

別の日の装飾。竹の部分に入れる花材を替えると、また違った装いに。

こちらは南国調です。ヤシの葉とからすうりを合わせています。

もものマンションと言えば、一番思い入れがあるのが、ぷーさんがやって来て、2人が1夜を共にするシーン。監督から、「竜宮城にしてほしい」と言われ、その思いを叶えるべく、竜宮城になるように頑張っています。

いつもの壁飾りも竜宮城仕様になっています。手前のサンゴっぽく見えるのは、枝を組み合わせて、白く着色したものです。

姫が舞い降りると、一気に竜宮城感がアップします。乙姫の美しさです。

では、今日は、このへんで。また次回語らせてください。

Instagramはこちらです。ほぼ全てアップしてます。

番組HPの「生け花ギャラリー」はこちらです。

ドラマ「高嶺の花」無事撮影終了!

2018.10.1 14:22

日テレ水曜ドラマ「高嶺の花」、無事終了しました。監修およびドラマ中の作品制作を担当し、途中あまりのハードスケジュールに死にそうになりましたが、無事駆け抜けました。完走できて、今はほっとしています。

ドラマ中、小さいもの大きいもの含めて、174作品いけました。毎日毎日いけ続けました。これだけの短期間にあれだけいけたのは、自分の中でも初めてで、何かのしごきかと思いました(笑)

よく全部いけたのですか?と聞かれるのですが、はい、全部いけています。数が多いので、まさか、と思われるのは当然です。早朝から深夜まで、いけ続けました。人間、為せば成るものです。

ひとつひとつの作品をこちらで解説するのは無理なので、Instagramを見てもらえるとうれしいです。こちらです。https://instagram.com/mikaotani_flowers/

たくさんいけたのですが、ちらっとしか映らなかった、あるいはもはや映らなかったという作品もあります。ゆっくりご覧頂けるように、番組が公式ホームページのほうで、「生け花ギャラリー」を作ってくれました。全作品ではありませんが、私のお気に入り作品は掲載されているので、ぜひ!https://www.ntv.co.jp/takanenohana/gallery/

さて、とてもとても思い入れの強い作品も多く、3回ぐらいにわたり、少しご紹介できればと思います。今回は第1回目。

2話冒頭のもも様のデモ大作。梅若能楽堂で撮影しています。この能楽堂で大変だったこと。お能の舞台というのは、水を一滴も落としてはいけないのです。ゆえに、舞台の上にビニールをひき、さらにパンチカーペットをひいています。そんなことなら使用しなければいいのでは、と思われるでしょうが、その雰囲気の素晴らしさに監督がぜひに!ということで、使用させて頂いています。が、水なしでは花が弱るため、普段いけるより、数倍の神経を使いながら、決して水を落とさぬようにいけました。この大作、時間がなく、20分でいけました。自己最速記録です。

ももの鬱屈とした心を表すように、ドラマの初期の段階では、いけばなに鮮やかな色や明るい色を使って欲しくない、どこかモノトーンにも見える仕上がりにして欲しい、との監督の要望で、白と緑の色のみの構成となっています。ドウダンツツジ、スモークツリー、カシワバアジサイをいけています。ただ地味なだけでなく、人々を感動させるような豪華さを加えたいと思い、白塗りの枝をポイントにしました。

さて、次に思い入れが強いと言えば、龍一さんのいけばなショーです。

場所はお台場のヴィーナスフォート。あそこ、天井高16Mもあるのですよ。つまり、ある程度大きいものを作らないと、龍一さん自体がしょぼい感じになってしまう恐れがあるのです。そこで、5メートル丈の竹、50本以上使用した巨大インスタレーションを制作しました。

龍一の野心溢れるイメージを分かりやすく表現するため、竹を赤と黒に塗りました。半割りの竹の内側を不規則に赤と黒に塗って見た目の面白さを意識しています。

遠目で見ると分かりにくいですが、ひとつひとつが巨大です。 三田ハナモさんから2人、番組大道具から2人、私の生徒さん3人、力を合わせながら作りました。

会場は営業後の午後11時からのみ搬入や作業が可能な場所だったので、徹夜作業です。1日前に徹夜で作業して完成し、翌日はまた午後11時より徹夜で撮影。2徹作品ですね。

竹の真ん中をくり抜いて花器として使っています。遠目に見ても華やかなように、グロリオーサやオンシジュームをいけています。ところが、この花、ダンサーの1人が抜き取り、床に打ち付けてイベントが終了する、という振り付けで、壊されてはいけ、壊されてはいけ、の撮影を何度も繰り返しました。ドラマの撮影というのは、同じシーンを何度も何度も角度や画角を変えて撮影するのです。

第3話と第4話で、少しだけですが、この龍一のショーのシーンがあり、多分時間で1分にしかならないようなシーンですが、再び、お台場へ。またもや徹夜作業でした。少しデザインを変えています。分かるでしょうか? サイドの竹の櫓をやめ、中央に竹の帯を制作しました。

ダンサーの方も一晩中、踊り続けていました。ドラマというのは、1分撮るのに1時間以上かかると言われていて、膨大な時間をかけても、画面に出るのは一瞬です。もっとゆっくり見たいのにー、という生徒さんの声もあるので、下に動画のリンクを貼っておきます。私が撮影したショーの一部をぜひご鑑賞ください。

https://photos.app.goo.gl/p7uSYvnXQZkKzUSf7

2 / 191234...Last »
PAGE TOP