Blog

Recent entries

Archives

ドラマ「高嶺の花」こぼれ話

2018.10.11 13:25

ドラマ「高嶺の花」では、3ヶ月半、撮影現場にこもって174作品もいけたので、前回に引き続き、もう少し、思い入れの強い作品について、お話できればと思います。

私は、草月流に属していますが、草月と言えば、「竹」を使った作品が得意です。3代目勅使河原宏先生が、竹という素材の様々な使い方を編み出して以来、竹に目がないのが草月人です。私も、今回のドラマで、ふんだんに竹を使用しています。

龍一と市松の密談のシーン。ホテルラウンジという設定です。

こちらは番組公式インスタより、龍一さんと私の花。このシーン、脚本では、場所は「とある埠頭」でした。そこを監督が、「埠頭」では面白くない、ホラルラウンジにして、生け花を飾ろう!と提案されたわけです。こういうどこに何を飾るのか、というのは、1話ごとに「美術打ち合わせ」通称「美うち」という会議が行われます。役者さん以外の全スタッフ参加の大きな会議です。もうすでにこの時は、ヘロヘロだったので、「生け花を」と言われたときには、心の中で「ヒーっ」という感じでした。でも、我ながら、また睡眠時間を削って頑張ったと思います。

市松の影響力に龍一がとまどうシーンなので、市松の背後から忍び寄る怖さを表現しようと、竹が龍一に襲いかかるようにと制作しています。

こちらは、月島家のお風呂場。市松が神様っぽく見えるようにしてほしいとのリクエストで、漂白したシュロを使い、ちょっと神がかった感じにしました。

こちらコヒさんとの記念写真。結構大きいのがわかるでしょうか? 小日向さんは、とてもお花が好きでいつも褒めてくれます。ムードメーカーで撮影を盛り上げてくれます。市松の役は笑わない役でしたが、カメラが回っていないところでは、いつも笑顔のコヒさんでした。ここは竹、使ってませんね。もう一度お風呂場のシーンがあり、竹を使用したのがこれです。

下から撮影するというので、下からの目線を意識して作っています。が、なんとシーンカットでお蔵入りとなりました。まあ、そういうこともあるんですね。無念ですが。でも、役者さんも全スタッフも5時間ぐらいの作業が一気にお蔵入りとなったので、私だけが悔しいわけではないので、仕方ないです。ドラマは尺が決まっているので。

龍一のショーもリニューアルしました。場所をクラブに移し、竹ももっと軽やかな感じに。竹を割いたものを「割り竹」と呼ぶのですが、この割竹、自由自在に美しい曲線を表現できるのです。

もものマンションの飾りにも、割竹を使っています。もものマンションだけに、少しおしゃれな感じで仕上げました。

別の日の装飾。竹の部分に入れる花材を替えると、また違った装いに。

こちらは南国調です。ヤシの葉とからすうりを合わせています。

もものマンションと言えば、一番思い入れがあるのが、ぷーさんがやって来て、2人が1夜を共にするシーン。監督から、「竜宮城にしてほしい」と言われ、その思いを叶えるべく、竜宮城になるように頑張っています。

いつもの壁飾りも竜宮城仕様になっています。手前のサンゴっぽく見えるのは、枝を組み合わせて、白く着色したものです。

姫が舞い降りると、一気に竜宮城感がアップします。乙姫の美しさです。

では、今日は、このへんで。また次回語らせてください。

Instagramはこちらです。ほぼ全てアップしてます。

番組HPの「生け花ギャラリー」はこちらです。

ドラマ「高嶺の花」無事撮影終了!

2018.10.1 14:22

日テレ水曜ドラマ「高嶺の花」、無事終了しました。監修およびドラマ中の作品制作を担当し、途中あまりのハードスケジュールに死にそうになりましたが、無事駆け抜けました。完走できて、今はほっとしています。

ドラマ中、小さいもの大きいもの含めて、174作品いけました。毎日毎日いけ続けました。これだけの短期間にあれだけいけたのは、自分の中でも初めてで、何かのしごきかと思いました(笑)

よく全部いけたのですか?と聞かれるのですが、はい、全部いけています。数が多いので、まさか、と思われるのは当然です。早朝から深夜まで、いけ続けました。人間、為せば成るものです。

ひとつひとつの作品をこちらで解説するのは無理なので、Instagramを見てもらえるとうれしいです。こちらです。https://instagram.com/mikaotani_flowers/

たくさんいけたのですが、ちらっとしか映らなかった、あるいはもはや映らなかったという作品もあります。ゆっくりご覧頂けるように、番組が公式ホームページのほうで、「生け花ギャラリー」を作ってくれました。全作品ではありませんが、私のお気に入り作品は掲載されているので、ぜひ!https://www.ntv.co.jp/takanenohana/gallery/

さて、とてもとても思い入れの強い作品も多く、3回ぐらいにわたり、少しご紹介できればと思います。今回は第1回目。

2話冒頭のもも様のデモ大作。梅若能楽堂で撮影しています。この能楽堂で大変だったこと。お能の舞台というのは、水を一滴も落としてはいけないのです。ゆえに、舞台の上にビニールをひき、さらにパンチカーペットをひいています。そんなことなら使用しなければいいのでは、と思われるでしょうが、その雰囲気の素晴らしさに監督がぜひに!ということで、使用させて頂いています。が、水なしでは花が弱るため、普段いけるより、数倍の神経を使いながら、決して水を落とさぬようにいけました。この大作、時間がなく、20分でいけました。自己最速記録です。

ももの鬱屈とした心を表すように、ドラマの初期の段階では、いけばなに鮮やかな色や明るい色を使って欲しくない、どこかモノトーンにも見える仕上がりにして欲しい、との監督の要望で、白と緑の色のみの構成となっています。ドウダンツツジ、スモークツリー、カシワバアジサイをいけています。ただ地味なだけでなく、人々を感動させるような豪華さを加えたいと思い、白塗りの枝をポイントにしました。

さて、次に思い入れが強いと言えば、龍一さんのいけばなショーです。

場所はお台場のヴィーナスフォート。あそこ、天井高16Mもあるのですよ。つまり、ある程度大きいものを作らないと、龍一さん自体がしょぼい感じになってしまう恐れがあるのです。そこで、5メートル丈の竹、50本以上使用した巨大インスタレーションを制作しました。

龍一の野心溢れるイメージを分かりやすく表現するため、竹を赤と黒に塗りました。半割りの竹の内側を不規則に赤と黒に塗って見た目の面白さを意識しています。

遠目で見ると分かりにくいですが、ひとつひとつが巨大です。 三田ハナモさんから2人、番組大道具から2人、私の生徒さん3人、力を合わせながら作りました。

会場は営業後の午後11時からのみ搬入や作業が可能な場所だったので、徹夜作業です。1日前に徹夜で作業して完成し、翌日はまた午後11時より徹夜で撮影。2徹作品ですね。

竹の真ん中をくり抜いて花器として使っています。遠目に見ても華やかなように、グロリオーサやオンシジュームをいけています。ところが、この花、ダンサーの1人が抜き取り、床に打ち付けてイベントが終了する、という振り付けで、壊されてはいけ、壊されてはいけ、の撮影を何度も繰り返しました。ドラマの撮影というのは、同じシーンを何度も何度も角度や画角を変えて撮影するのです。

第3話と第4話で、少しだけですが、この龍一のショーのシーンがあり、多分時間で1分にしかならないようなシーンですが、再び、お台場へ。またもや徹夜作業でした。少しデザインを変えています。分かるでしょうか? サイドの竹の櫓をやめ、中央に竹の帯を制作しました。

ダンサーの方も一晩中、踊り続けていました。ドラマというのは、1分撮るのに1時間以上かかると言われていて、膨大な時間をかけても、画面に出るのは一瞬です。もっとゆっくり見たいのにー、という生徒さんの声もあるので、下に動画のリンクを貼っておきます。私が撮影したショーの一部をぜひご鑑賞ください。

https://photos.app.goo.gl/p7uSYvnXQZkKzUSf7

日テレ水ドラ「高嶺の花」でいけばな監修

2018.7.10 15:27

明日、7月11日水曜日夜10時より、日本テレビ水曜ドラマ「高嶺の花」が始まります。この連ドラでいけばな監修を担当させて頂くことになりました。

ドラマに出てくるいけばなは、全て制作しています。「怒涛の恋愛エンターテイメント!生け花界のプリンセスと平凡?いやもっと地味な彼とのお話し」で、脚本は野島伸司氏、主演石原さとみちゃんです。石原さとみちゃんが、華道界の家元令嬢を演じます。

番組公式HPはこちらhttps://www.ntv.co.jp/takanenohana/

公式Instagramはこちらhttps://www.instagram.com/takanehana_ntv/

公式ツイッターはこちらhttps://twitter.com/takanehana_ntv/

華道界と下町の自転車屋、全く異なる2つの世界が舞台となります。華道界の設定では、さまざまな人物が登場し、彼らの花をいけます。登場人物のキャラクター、そのときの心情に合わせて、いけ方をかえていますので、そんな部分も注目してもらえれば、うれしいです。

石原さとみちゃん演じるももちゃんのいける花は、スタイリッシュな時代の風を感じさせる作品を。天才、という役柄なので、その才気ばしった感じが表れるようにしたいなあと。でも、やり過ぎて全く一般の方に受け入れられないのも困るので、さじ加減を考えています。

 

芳根京子ちゃん演じるななのいける花は、優しくて、純粋無垢な花。でも、少しパンチにはかける感じ。

お家元役、小日向文世さんの生ける花は、重厚で厳格な花。

新流派を立ち上げた龍一を演じる千葉雄大さんの花は、野心家の花。

そんなことをいろいろ考えながらいけています。その人物が自分にのりうつれー、のりうつれー、といけている時は、そんなことを祈っています。ちなみにこの龍一のステージは、赤く着色した竹、50本以上を使用。竹を割いた割り竹というもので、竹の帯を作り、左右の構成に曲線を出しています。会場が夜11時からしか使用できなかったため、制作に1晩徹夜、撮影に1晩徹夜。2徹作品です。高さ4メートル、幅10メートルの巨大作品となっています。ここで、龍一率いる振興流派がパフォーマンスを繰り広げます。いけばな、ダンス、音楽とのコラボで、素晴らしいエンタメが出来上がったと思っています。自信作なので、ぜひこの場面は注目して見て頂けたらありがたいです。

役者のみなさんは、私の自宅まで通ってくださり、いけばなを猛勉強しました。特に、石原さとみちゃんは、何回も通ってくれて、一体何時間いけばなと向き合ったか分からないぐらい。そして、ただ綺麗なだけじゃない、とても頭の回転の速い、まさに天才肌の女優さんで、あっという間にいけばなをマスターしていきました。今は、もはや数年習った人ぐらいのレベルにまで達しています。

お稽古中の1枚。なんて笑顔が素敵なんだ!

今までお世話になったことがある映画の世界とは違い、スケジュールが過酷です。最近は毎日がその日ぐらしになりつつあります。あまりにも過密スケジュールで、4日後のことが考えられなくて。3日先まで見つめて、走りながらいけています。

例えばこの大作。20分ぐらいでいけました。普段なら、花材を堪能しながら1時間ぐらいかけたいところですが、そんなわがままは言っていられません。時間がなくて、鬼の形相で汗だくになりながらいけました。

 

あまりブログを更新する時間もないので、ぜひInstagramやFacebookを見てください。そちらで随時、ドラマ中の作品写真はアップしています。Instagramなら別段やっていない人でも見れるはずです。

Instagramはこちらhttps://www.instagram.com/mikaotani_flowers/

では、9月初旬まで駆け抜けたいと思います。どうかドラマのほう、ご覧ください。よろしくお願いします。

4 / 20« First...3456...Last »
PAGE TOP