Blog

Recent entries

Archives

告知・7/5 東京テレビ「ソレダメ」出演

2017.6.20 16:26

東京テレビの「ソレダメ」という情報番組に出演することになりました。昨日、無事ロケ修了。オードリーの春日さん、ピンクレディの増田恵子さんと一緒に出ています。

放送予定は、7月5日の夜7時から9時。いくつかコーナーがあるので、そのうちのひとつです。

全く花をいけたことがない人でも、上手にいけられるコツ、というのをやっています。正直、なんて難しい発注なんだ!でも、頑張ってやっています。

「いけばな」や「フラワーアレンジ」をやっていない本当の初心者が対象なので、まず剣山なし(普通の人は持っていないから却下され)、花器屋さんで売っているような花器はなし(雑貨屋で売っているような何の変哲もない花器をわざと使用しています)。

もういろいろ考えすぎて、剥げそうになりながらやりました。ぜひ、放送をご覧頂けたら嬉しいです。

ロケはお花屋さんからスタート。いつも六本木教室と表参道教室に花を届けてくれている「のんの」さんでロケしています。

六本木で30年以上お花屋さんをされているお店。オーナーの土屋さんと。土屋宗良さんは、フラワーアレンジ界のカリスマですが、いつも穏やかで優しくて、この笑顔に助けられています。今回一緒に出演しています。

その後、六本木教室でいけている風景をロケ、タレントさんたちが帰った後で、代々木上原のハウススタジオでインサート映像撮り(映像の途中で流れる説明用の作品の撮影)。 最後のインサート撮りでは、3分で1作品作る勢いで、頭が熱くなってショートしたような状態に。余裕がなくて久々に大変なお仕事でした。

その後六本木教室でお稽古をして11時過ぎに帰宅。早朝からかけぬけた熱くて長い1日でした。今、思い返せばあそこはもうちょっとあー言えば良かったとか、こういう作品を作れば良かったとか、ふつふつと反省点が沸き起こりますが、終わったものは仕方ない。私の今の瞬発力の限界です。

春日さんと恵さんは、思った以上に花が上手で。「全く初心者のための」という企画趣旨が全うできたのが不安ですが。

ぜひご覧頂けると嬉しいです。

 

東京ガイドを監修。27か国語に!

2017.6.19 23:43

Airbnbから依頼されて、東京ガイドブックを作りました。音楽やファッション、はたまた伝統芸術など様々な分野のスペシャリストが、その独自の視点をいかして、おざなりでない東京ガイドブックを作る、というお話しでした。

私は、華道家ならではの視点をいかして、「いけばなや美しい日本庭園」を鑑賞できるカフェやレストランを10カ所紹介しています。

縦に長いページですので、上のほうはこんな感じ。

下がURL。クリックするとガイドブック全体が見れます。

Where to drink tea – insider guidebook

一番下に言語を選べるボタンがあるので、もちろん日本語でも読めます。

一つ目のおすすめスポットとしては、青山の草月会館内にあるコーネルコーヒーを紹介しています。草月会館は、荘厳な雰囲気から関係者以外は入れないのでは、と勘違いしている方も多いのですが、いけばなを習っていても習っていなくても誰でも入れます。

そして2階にあるのがコーネルコーヒー。ガラス張りの店内から、隣の高橋是清翁記念公園の緑が見えて、森林浴をしているようなカフェです。また、少し上に上がると、大きなサロンのような場所が広がっており、こちらは向かいの赤坂御所の緑がガラスごしに見えて、心地よい空間。コーヒーはこちらでも楽しめます。ぜひ行ってみてください。

このガイドブックを監修してうれしかったのは、世界27か国語に翻訳されるということ。世界中のみなさんに、「素晴らしきかな、日本」を感じてもらえたらと、思います。

映画「3月のライオン」後編・劇場にて公開中

2017.5.6 19:38

いけばな装飾のスタッフとして参加させて頂いている映画「3月のライオン」後編がいよいよ公開となりました。後編のほうが、私のいけばなの出番が多いというか、画面に出ている尺が長いので、ぜひ劇場でご覧頂けたら嬉しいです。

予告編にも映っています。分かるでしょうか?

まずは、加瀬亮さんの後ろ。「将棋の神様」と呼ばれている彼をイメージしていけました。正面から見ると、加瀬さんに羽が生えたように見えます。それは、ぜひ劇場で確認してみてくださいね。

もうひとつが神木くんが伊藤英明さんと戦う一戦。

神木くんが悟りをひらくというか、雷に打たれたようにある境地に達する重要なシーンなので、「悟り」をテーマにいけてみました。流木を白く塗り、雷に打たれたようなイメージを、緑のドウダンツツジで、若い力が伸びてゆく様子を表現したつもりです。

他には、この桜の作品。将棋というのは、ひとつの試合に驚くほど時間を費やします。24時間なんていう試合もあるほど。なので、桜をぽつりぽつりと畳に落としていって、試合の時間経過を表現してみました。

前編後編あわせて、作品はまたFacebookにアルバムを作りましたので、お時間があればぜひそちらもご覧ください。映画「3月のライオン」いけばな装飾

後編のほうが、またまたぐっと胸につきささるシーンが多いような気がします。ぜひ劇場でご覧頂けるとうれしいです。よろしくお願いします。前編の様子や準備のときのことは、過去のブログでご覧頂けます。

映画「3月のライオン」いけばな装飾

初です!映画のお仕事

3 / 12« First...2345...Last »
PAGE TOP